読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daisuke_nomura の日記

Android プログラマーな鉄道ファンのブログ

電源ボタンが壊れたiPhoneをなんとかして使い続ける方法

 iPhone 5の電源ボタンが壊れたので、電源ボタンの代用方法をまとめた。

 

電源ボタンが効かないとできないこと

 iPhoneの電源ボタンが壊れ、効かなくなると、

  1. iPhoneのロック
  2. 電源ON/OFF
  3. スクリーンショット撮影
  4. 強制再起動・DFUモード移行

ができなくなります。

 ただし、4以外はAssistive Touchで代用できます。

 

電源ボタンはAssistive Touch機能で代用できる

 電源ボタンが壊れた場合にiPhoneをロックしたい、電源をOFFにしたいなどの際は、Assistive Touchで代用できます。

 iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」と選んでいき、Assistive TouchをONにします 

f:id:daisuke_nomula:20130924195627p:plain

 Assistive TouchをONにすると、画面前面に常時Assistive Touchの四角形に丸が描かれたボタンが表示され、Siri、ホームボタン、ジェスチャーを代用可能。

 また、「デバイス」を選ぶと画面回転・音量操作、画面ロック、スクリーンショット・マルチタスク・シェイクをソフトウェアなボタンで代用できます。

 ただし、Assistive Touchのボタンが常時表示されるので、動画を見る際に邪魔です。

f:id:daisuke_nomula:20130924195644p:plain

f:id:daisuke_nomula:20130924195658p:plain

 

注意事項

 Assistive Touchを使えば電源もOFFにできますが、電源をONにするための電源ボタンが壊れてるので、手動で電源をONにできません。電源ボタンが壊れたiPhoneを電源ONにするには、完全放電になった後に充電する必要があり、放電を数時間から数日間待つ必要があります。